BPAフリードリンクボトルは、ポリカーボネートの対応物を交換しています

BPAは、ポリカーボネートプラスチックやエポキシ樹脂の製造に使用される化合物であるビスフェノールAの略です。 BPAの使用はプラスチック製品に限定されるものではなく、DVDから眼鏡、携帯電話に至るまでのアイテムにも存在します。専門家によると、この化合物は無害です。ただし、飲み物や食品と接触すると、深刻な健康問題を引き起こす可能性があります。この化合物は、広く使用されているいくつかのポリマーおよびポリマー添加剤の機能不全の構成要素としても知られています。今日、多くの人がBPAを含むボトルを使用しているのは事実ですが、健康上の利点に気付く人が増えるにつれ、BPAフリーのドリンクボトルがますます標準になりつつあります。

専門家は、BPAを含む飲み物や水筒を使用する    光拡散シート led             ことの意味を人々が理解するのを助けるためにラットでテストを実施しました。彼らは、BPA化合物が、主にエストロゲンなどのラット自身のホルモンを模倣する内分泌かく乱物質として作用することを発見しました。その結果、科学者たちは、神経毒性、発がん性効果、発生毒性など、ラットにいくつかの生物学的悪影響が発生していることに気づきました。この証拠により、消費者はポリカーボネートとアルミニウムのボトルを次世代のBPAフリードリンクボトルに向けて認識しています。

BPAの議論はボトルウォーター業界にも広がり、最近ではほとんど規制されていない業界の重要な問題の1つになっています。プラスチックに含まれるBPAやその他の潜在的に有害な化学物質に対する認識の高まりも、この業界が私たちの環境に及ぼしている悪影響に光を当てています。オーストラリアでは毎年10億ドル近くが使い捨てのボトル入り飲料水に費やされており、人々が再利用可能なBPAフリーのドリンクボトルを使用する傾向にあるのも不思議ではありません。